2005年10月09日

人目につかない勝手口

勝手口のドアは正面玄関のものよりお金をかけていないものが多く、その点を泥棒は把握しています。
お金をかけていないということは、簡単にカギが開けられる錠がつけられているということです。
さらに勝手口は外からの人目が届きにくいところにあります。
よって、泥棒は他の場所より勝手口から侵入することが多いのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。