2005年11月06日

窓ガラス

よくある「網いりガラス」は、防犯性能が低く、泥棒には格好の標的となります。
なぜなら、これは"防災用”に重点をおいて作られており、”防犯上”はそれほど有効ではないからです。
網いりガラスは一定以上の衝撃が加わると割れ、破片がブロック形状になります。
割れたときの音も大きくは出ません。
網いりガラスへドライバーなどで衝撃を加えると、そこだけ小さく穴が空くことになります。
泥棒はここから手を入れ鍵を開ければ、簡単に家へ侵入することができるわけです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。